ぎゃわんぶらあ大仏天鳳の記憶

統合失調症で働けなくなってる40代です

【人生記】私が中学生のとき飼ってた2匹の猫の兄妹

今回は時間をさかのぼり人生1にあたる「統合失調症発症まで」の記事を書きます

今後もこういう逆行記事は少しはあると思います

 

私は幼いころ、真っ白なネコのぬいぐるみで遊んでいました

弟も同じく白いネコのぬいぐるみを買ってもらって遊んでました

幼稚園にも行ってない子供にはぬいぐるみだって立派なペットです

 

小学生のとき、親がシャム猫のメスを貰ってきました

シャム猫って高価な猫だけど親類がシャム猫の繁殖しててくれたようです

私が小学校から帰ると猫の声がします

小さなシャム猫が食器棚の裏に逃げ込んで人間では手が届かなくなってました

猫は「シロ」と犬のような名前を付けられました

 

避妊してなかったんで大人になって妊娠したシロ

シャム猫は野生に近い猫で妊娠なんかするとすごい警戒して飼い主すら攻撃して近寄れないようにします

一番なついてた母以外触るどころか同じ部屋に入ることすらできませんでした

部屋に入ろうとするとジャンプしてひっかきまくるからね?

 

生まれた子猫は全部灰色の虎猫

シロは小屋の一室に人間が入れないように警戒して子猫を人間から隔離してしまいました

結果子猫は全部野生化、白骨遺体も後に1匹発見されました

 

シロは私が小学校のころはずっといました

中学のとあるとき、いなくなっていました

 

中学からの帰り、線路のそばで私は捨て猫を2匹見つけました

どうみても兄妹、兄は綺麗な茶色の虎シマで妹は見てくれの悪い黒ブチと虎シマの混合

拾ってきて親に頼んで飼うことにしました

私は子供なりに世話をし、なついてくれました

古史古伝というのを学習マンガで読んで研究してたんでそこから名前を取りました

兄は「ニニギ」というマジモンの神の名前

妹は「ナキメ」という伝承で神にメッセージを伝える鳥の姫の名でした

 

ある日、私が何気なく家の前の道路を渡りました

2匹がついてきました…そのとき

「ブロロロロロ…」

トラックがブレーキも踏まずに猫の上を走っていきました

ナキメは無傷…ですがニニギは下半身を踏まれてしまいました

中学生だった私が初めて目にした「死」でした

 

私はニニギを抱え親に「病院!」と言いました

親は首を横に振りました、どうみても絶命してます

私は遺体を抱いて夜遅くまで泣き叫びました

「俺が代わってやるから…」

人生でたった1度のやけ酒を飲みました

 

ニニギは地元の動物墓地に葬られました

ナキメはけっこう生きてました

私は「2度とペットに神の名は付けない」と誓いました